トップページ > 個人の方へ > 中古住宅でプロパンガスを使う場合

中古住宅でプロパンガスを使う場合

01中古住宅でプロパンガスを使う場合

購入した中古物件が、都市ガスの配管がないエリアにある場合、多くの方がプロパンガスを使用されます。 ただし、オール電化に切替えたり、自己負担で都市ガスの配管延長工事をするという選択肢もありますので、迷われている場合はどの設備がご自身の生活スタイル・将来設計・ご予算に合っているかよくご検討ください。

これまで都市ガスをご利用だった方は、プロパンガスを初めてご利用されるにあたり、戸惑うことも多いと思います。 また、これまでもプロパンガスをご利用されてきた方は、馴染みがある分、油断されている点があるかもしれません。 どちらの方も、できれば物件の購入を決定する際に、売り主様にガスのことをよく確認しておいてください。 そして、購入済みの場合は、下記にご留意いただくと新しい環境でも安心してガスをご利用いただけると思います。

■売り主が利用していたガス会社を継続利用しないとダメ??

■購入した家の敷地内に、ガスボンベやメーターが設置されている場合、記載されているガス会社を利用しないとダメ??
どちらの場合も、家の売買契約を結ぶ際、売り主(前の所有者)からガス会社との契約を継承している場合を除き、法的に継続利用をする義務はありません。 本来であれば、売り主が退居する際、ガスボンベ等も撤去されるべきですが、ガス会社が新しい入居者にも継続して利用してもらえるように、あえてそのままにしているケースもあります。

つまり、売買時に売り主からガス会社の契約を継承していなければ、ご自身で自由にガス会社を選定できるのです。 残されたガスボンベやメーターの撤去をするには、ご自身でガス会社に連絡をして他社と契約すると伝える方法もありますが、下記のような対応をされた時はご注意下さい。

  • とてつもなく安いガス料金を提示されて引き止められる  
    注意:契約初期のみ安く、その後、徐々に値上げをされる場合があります
  • ある程度高い料金を提示して絶対に値上げをしないと引き止められる  
    注意:プロパンガスの料金は自由価格のため、「絶対値上げしない」ということはありえません。そのような場合、設定料金がかなり高いことが予想されます
  • 売り主との契約期間の残存を違約金として請求される、あるいは撤去費用を請求される  
    注意:前述の通り、物件の売買契約時にガスの契約を継承していなければ違約金を払う義務はありません

このような面倒に巻き込まれてしまった場合、あるいは巻き込まれるのを未然に防ぎたい場合は、当協会の無料相談をご利用下さい。 当協会にて、お客様の住居エリアで優良なガス会社を厳選してご案内いたします。

集合住宅の料金自動診断はこちら

spc10x10
いつでお気軽にご相談下さい。 spc10x10
埼玉県川口市在住 T様(60代男性) hito01

ガス会社さんは集中監視システムを導入してくれて、常にガスの残量を監視してくれているから とても安心です。 また対応してくれた方がとても丁寧で、工事の方も気さくに対応してくれて本当に助かりました。 今までより安心してガスを使えるようになりました。本当にありがとうございました。 検針値・保安情報・残ガス情報などを自動監視し、お客様により安心してプロパンガスをご利用いただける システムです。詳細につきましてはいつでもお問い合わせ下さい。

spc10x10
千葉県松戸市在住 I様(40代女性) hito02

ガス料金が適正な値段になって安心して煮物がたくさん作れるんです。 今までガス料金を気にしながら料理をしていたから・・・。 他にもガスコンロの部品が壊れたときにもすぐに対応してくれて助かりました。 協会に相談して、ご紹介いただいたガス会社さんに切り換えてよかったです。

spc10x10

いつでお気軽にご相談下さい。

プロパンガス料金改善協会
6 4

当協会の「優良プロパンガス会社」は・・・

  1. 1. 適正価格、明瞭金額設定でご提供
  2. 2. 不当な値上げをしません
  3. 3. 値上げの際は事前に通知
  4. 4. メンテナンス、作業は迅速対応
  5. 5. ガスに関する資格を持ったプロ
  6. 6. ご利用者様の立場で分かりやすく丁寧にご説明
li_toku